最近 またやらかしましたかた?
「大事なアポイントをド忘れてしまっていた」
「商談中に相手の名前が出てこなくなった」

まあ、単なる笑える物忘れやうっかりミスならまだよいのですが、これが仕事上で大きなトラブルや損失を招きかねない事態になると精神的ショックは計り知れません。
特に今まで最前線で突っ走ってきた50代にとって、とても大きなショックを受けるものです。
ひょっとしたら「第一線からの引退」すら考えるかもしれません。

でも
「物忘れやうっかりミスでもう仕事辞めたい」
なんて考えないでください。
人間、誰でもとしをとれば記憶力は衰えてきて当然です。
要はいかにそれを補うかが大切なんです。

例えば
・物忘れに効く食べ物
もあります。

まだまだ50代は働き盛りです。
もうひと花もふた花も咲かせそうじゃありませんか!

まだ50代なのに仕事で物忘れやうっかりミスが激しいのは「脳の疲れ」

最近めっきり言葉がスッと出てこなかったり記憶力が落ちたことを痛感させられることってよくありませんか?
会社や家庭で話していても「こそあど言葉」ばかりが思わず出てきがちです。
「これ」
「それ」
「あれ」
「どれ」
これではうまく相手に伝わりません。

少し会わなかったりすると
「え~っと、この人 名前なんだっけ・・・?」
と会話しながら必死で思うい出そうとしたことありませんか?

wくぉしながら
合わなかったりすると合わないだけで

最近、パソコンやスマホで文字を打つことが増えてきて、たまに手書きで文字を書こうとしたら
簡単な漢字が書けない?
ということも珍しくありません。

物忘れやうっかりミスが激しくなる3つの原因

ちょっとあなたにはショッキングなことかもしれませんが、物忘れやうっかりミス禿h市くなってくるのには3つの原因があります。
物忘れやうっかりミスには
①加齢による正常な物忘れ
②軽度認知障害
③病気が関係する物忘れ
の3つがあります。

①加齢による正常な物忘れ

この加齢による正常な物忘れは仕方ないことでもあります。
まめにメモととるようにしたり、最近ではスマホの電話帳機能に顔写真を入れることもできるのでいろいろと工夫しましょう。

②軽度認知障害

実は50代からでも軽度認知障害が出てくる方も少なくありません。
正常な物忘れと認知症の中間のような症状です。
正常な物忘れより記憶能力が低下してくるのです。
ただ、日常生活においてはあまり支障もないことが多いので皆さんあまり気づきません。

③病気が関係する物忘れ

物忘れがおきる場合、次のような疾病があります。

    若年性健忘症
    認知症
    脳卒中
    脳腫瘍
    慢性硬膜下血腫
    感染症(脳炎)
    甲状腺ホルモン異常
    うつ病
    栄養障害
    など

もしこれらの病気を発症したのならより気を付けなくてはいけません。

物忘れやうっかりミスを防ぐ食べ物

意外と食べ物が物忘れやうっかりミスに影響を与えていることも少なくありません。

記憶力に関係する栄養素には、糖質・ビタミンB1・ビタミンB12・DHA・カルシウム・フラノバールが挙げられます。

    糖質
    脳の主なエネルギー源の糖質は、脳を働かせるために大切な栄養素です。

    ビタミンB1
    脳の主なエネルギー源である糖質の代謝に必要なビタミンです。

    ビタミンB12
    神経機能を正常に保つために必要な栄養素であり、不足すると記憶障害が起こることがあります。

    DHA(ドコサヘキサエン酸
    脳を含む神経組織にDHAが多く存在し、神経伝達物質の受け取り感度を高めることで、情報をスムーズに伝える働きがあると言われています。

    フラバノール
    カカオ豆に含まれるポリフェノールの一つであるフラバノールの継続的な摂取により、高齢者の認知機能の改善に繋がったというイタリアの研究結果があります。

    バナナ

    バナナには糖質とビタミンB1の両方を含むため、効率よく脳を働かせて記憶力を高めるのに役立ちます。

    豚肉、うなぎ、大豆

    ビタミンB1を多く含むため、糖質と一緒に摂取することで糖質代謝を促します。
    これによって、食事から得た糖質を効率良くエネルギーに変えて利用することが可能になります。

    サバなどの青魚

    DHAを多く含みます。
    特にサバの缶詰はDHA含有量が多く、効率よく摂取できるのでおすすめです。

    チョコレート

    フラバノールを含むため、認知機能の改善に繋がる可能性があります。

    しじみ、赤貝、いくら、肝臓(牛、鶏、豚)

    ビタミンB12が多く、神経機能を正常に保つことで、記憶力向上に役立ちます。

    素干し、パルメザンチーズ、ごま、干しひじき

    カルシウムを多く含み、神経伝達をスムーズにしてくれます。

    ココア

    チョコレートと同様に、フラバノールを含むため、認知機能の改善に繋がる可能性があります。

    豆乳

    上記した食品ほど多くありませんが、ビタミンB1を含みます。他の栄養素を含むものと組み合わせて飲むと良いでしょう。

    牛乳

    豆乳と同じく、上記した食品ほど多くありませんが、ビタミンB1、ビタミンB12、カルシウムを含みます。食事の際、他の栄養素を含むものと組み合わせて摂ると良いでしょう。

    物忘れやうっかりミスが激しくなってきた人にはサプリもお勧め

    蒸気の食べ物から物和佐熟れやうっかりミスに効果かがあるとい割れている栄養素をバランスよく撮り続けるにはかなり大変です。
    最近では知力向上のためのサプリも販売されています。

    おすすめはこちらのサリです。